img_01

基本的な英語の短期習得にはフィリピン留学がよい

英語力の向上をしたいという漠然とした目的の状態で数週間から1、2ヶ月程度の留学を決意するのにはリスクがあります。短期間で総合的に能力を向上させるのはそれほど容易ではないからです。



もう少し具体的にスピーキング力を向上させたいか、ビジネス英会話を習得したいか、各種の英語試験の成績を伸ばしたいかというような目標設定にすると短期留学の意義を深めることができます。
なぜなら、留学生を指導している語学学校では主にはこういった分類でカリキュラムが組まれているからです。
短期間で上達したいというときには授業数も多く、実際に英語を活用する時間が長いほど有利に働きますので、欧米留学をするよりもフィリピン留学を選ぶのが得策と言えるでしょう。ネイティブと同様の気が利いた表現やスラングを身につけたいという目的ではなく、日常英会話やビジネス英会話、各種試験対策が目的であれば必ずしもネイティブの指導を受ける必要はなく、英語教育が充実しているフィリピン留学で十分な成果を上げることが可能です。



特にフィリピン留学ではマンツーマン指導や少人数クラスでの指導が一般的なため、スピーキング力の向上にはうってつけの環境が整っています。

もちろん、各種試験やビジネス英会話を主目的としたカリキュラムも存在し、欧米よりも2倍近い授業数が組み込まれていることがほとんどです。

このため、短期間で基本的な英語力の向上を目指すにはフィリピン留学はうってつけなのです。